電話代行,家事代行,秘書代行,運転代行などの代行専門サイト!
スポンサード リンク

【運転代行】 の記事一覧

運転代行豆知識

運転代行業または運転代行とは、飲酒などの理由で自動車の運転ができなくなった人の代わりに運転して、自動車を目的地(主に依頼者の自宅)に送り届けるサービスで代行運転とも呼ばれています。

運転代行は道路交通法の改正で、飲酒運転に対する罰則が厳しくなった1980年頃から出現した業態で、特に公共交通機関が発達していないため自家用車で移動することの多い、郊外や地方都市で普及しています。

サービスは、通常2人1組で行なわれます。まず自動車が運転できなくなった人(依頼者)から連絡を受け、待ち合わせ場所(飲食店など)に向かう。そこでお客から車の運転を依頼される。そして1人はその車を運転し、目的地(依頼主の自宅など)まで移動させる。もう1人は、代行業社の車で目的地まで向かう。その後料金を受け取り、2人とも代行業社の車で営業所に戻る。というものです。

従来は法規制が全くなく、参入障壁が少ないことから、サービスを行なっている業者が多かったんですが、2002年6月(飲酒運転の厳罰化が盛り込まれた道路交通法改正とセット)に「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」が施行され、都道府県公安委員会の認可がなければ営業することができなくなりました。また法律施行から2年(猶予期間)が経過した2004年6月1日からは、運転を代行する運転手には、タクシーと同じ第二種運転免許の取得が義務付けられました。

代行業者の車の車体には、「(都道府県名)公安委員会認定第○号 (業者名) 代行随伴用自動車」の文字を入れる事が、法律で義務付けられています。また代行運転中は、客の車に所定の標識を掲示することも義務付けられています。
また、交通事故による損害賠償のため、代行保険に加入することも義務付けられています。

これらの要件を満たしていないと、違法業者となり、厳しく罰せられます。

料金的には、当初は、タクシーの2割り増し程度が相場でしたが、代行業者の乱立により、値崩れがおこり、今ではタクシーを使うよりより安いという現状になっています。

≪運転代行豆知識≫
1.依頼したお客様が、どんな状況だろうとも途中で放り出す事は、
 禁じられています。
 ※泥酔や粗暴な言動をしたとしても変わりません。

2.危険物や薬物を所持している事が事前にわかった場合は、
 乗車拒否できます。

3.お客様が同乗する車内では、いくらすすめられても、
 運転手はタバコを吸ってはいけません。

4.お客様を車内に残して、運転手が車を離れてはいけません。

5.2種免許を持つ人は、怪我や病気、事故などに遭遇した場合、
 優先的に、救護活動をしなくてはなりません。
※運転代行、タクシー、バスなどの免許を所持する者は、
運転手であるとともに、人々の命を預かる社会的な使命を
もつ者と解釈されているのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。